■儲かる成長戦略

2022年9月18日

おはようございます
ハワードジョイマンです(^ ^)/

昨日、ULTRA JAPANが3年ぶりに開催され
行ってきました。

今年の夏は、「今後の時代」に向けて
全国各地でこうしたフェスも再開されて
現地に行き参加者の息吹を感じてきました。
※特定ワードを使うことで
メールが届かなくなるので、
置き換えてありますが、
ニュアンスでご理解ください。

こうした大規模イベントの再開と
再開後も停止などがされてない現状から
お分かりの通り、世の中の流れは、
通常運行にいきます。

昨日もめちゃくちゃ沢山の入場客数でした。
とは言え、3年前と比べると
人数規制をしているため、
全体的には減らしているとは思いますが、
なんせ、元々1日6万人が来場した
イベントですので減らしたとしても、
万単位の人が来ているわけです。

こうした流れの中で
あなたは何を思い、どう動きますか?

ということで、
今日もはりきってスタートです!(^ ^)

規制が緩和されて
どのお店も満遍なく
売上が回復することはなくて
集客できるお店とそうでないお店とで
大きく分かれてきています。

で、集客できるお店になるためには
STEP0.良い業態であること
STEP1.広告集客して認知度を上げて
STEP2.お客さんにも口コミしてもらう
こうした順番となります。

広告を出してなくても
連日満席のお店ももちろんあります。

そして、それに憧れる気持ちも分かります。
しかし、現実は、
そんなに都合良くはいきません。

広告をしなければ
誰の目にも止まりません。

そして、知っている人の数が増えなければ
口コミもしません。

ちなみに、あなた自身、
どこかのお店に行き
そのお店の口コミを
書いたことがありますか?

自分自身が口コミを書いた経験もないのに、
お客さんには自分のお店の良い口コミを
してくれって思うのは、虫が良すぎるって
話です。

そして、口コミをするかどうか?
は、あなたが決めることはできなくて
お客さんに委ねられます。

では、あなたができることは何か?
それは
1.良い業態にすること
2.広告を出すことです。

例えば、広告に関して言えば、
LINE友だち追加広告はすごくお勧めです。

そして、最近、私がやろうとしているのは
そのLINEを効果的に運用するための
ツールです↓
uzk7jq9v.proline.blog

広告を出すと言うのは、
自分のお店のことを好きなお客さんを増やす
ためであり、お客さんの管理には、
江戸時代から顧客台帳(名簿)があります。

同じように今の時代も顧客名簿は
非常に大切です。

広告を出して、顧客名簿を増やす。
今で言う顧客名簿も、段階的にあり、
・メールアドレスのみで顧客名簿とする
・LINE友だちを顧客名簿と換算する
・住所、名前も把握しているものを指す
3段階くらいあります。

今は、
メールがすごく届きづらくなってきたので、
LINE配信が一番良いと思います。

しかし、LINEをする方が圧倒的に増え、
その一方で、葉書DMをやらない方も
増えました。

住所、名前を知っているならば
葉書DMも顧客の再来店には有効です。

そして、集客に関しては
こうした手段を組み合わせてやることです。

そして、一番は、
業態ですね。

どんなお店をやるか?
によって、顧客の獲得単価も違えば
商品単価と平均客数も異なります。

つまり、業態の選択は
とっても大事ですが、
その業態について
そこまで考えずに
独立開店する人も多いです。

そこで、その問題を解決するのが
売れている業態を
自分のお店にも取り入れて
業態の問題を解決する方法です。

↓本日、最終日です↓
※参加費無料ですが、会場は残り4名のみ。
haward-joyman.com/profit/fc202210/

私はあなたの
より良い人生の実現を
応援します!

利益倍増アドバイザー
中小企業診断士
ハワードジョイマン

■編集後記

週に一度のサッカーJ1リーグ
清水エスパルスですが、ビッセル福岡に
負けてしまい、12位と順位は変わらずですが
降格圏のチームとの勝ち点は、
わずか4点と非常にピンチの状態は
変わりませんが、
なんとか残り5戦で
残留を勝ち取って欲しいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。