T O P

電話をかける お問い合わせ

増益繁盛クラブ

054-351-8655
午前10時~12時まで/午後1時~3時まで(土日祝休)

お問い合わせ



最近の投稿

無駄のない商売スタイル

from:静岡のカフェから

こんにちは、
ハワードジョイマンです。

これからの時代は、
人口が減り続ける時代です。

昭和の高度成長期とは全く異なる世界が
これからやってきます。

30年後には人口が今の60%くらいになっています。
つまり、その時に残っていることができるお店の数も
今の60%ほどです。

総務省の人口ピラミッドをご覧ください。
www.stat.go.jp/data/kokusei/2010/kouhou/useful/u01_z19.htm

これは2010年時点での
各年代別の人口分布図です。

あなたのお店のお客さんは、
30歳~40歳が中心でしょうか?

自分のお店の中心となる年代層を見てください。

それを10年スライドさせたら
何%に減っていますか?

20年スライドさせたら、、、

人口がこれだけ減る中で
老後の年金など期待できるわけがありません。

なぜなら、今の年金システム自体も
人口が増え続ける上昇基調を前提に作られたモデルですからね、、、、

ようは、すでに破たんしているのですから、
老後のお金は自分で稼がなければいけません。

つまり、自分で年金資金を作る
自分年金という考え方です。

しかし、店舗経営者にとって、
自分が店舗の中心メンバーであった場合、
自分の気力、体力、年齢がお店の売り上げの支えです。

もし、気力体力の問題で
お店を閉めることになれば、
収入はゼロです。

しかも、年金は期待できない。
お店を閉店した後の20年間は
どうやって過ごしますか?

かといって、2店舗、3店舗と店舗規模を拡大していくのは、
実際は、マネジメントの問題や
知らない場所で出店したからといって売り上げを得られる保証もありません。
リスクも大きいです。

だからこそ、
自分のお店の売り上げを伸ばすだけでなく、
そこで得たノウハウを他店のサポートに活用し、
新たな収益を獲得していく商売スタイルこそが
リスクなく利益を得られる賢い選択なんですね。

これならば、
定年など関係なく働けますし、
今の時点で利益もきっちりと増やし
貯金をすることもできます。

それをきっちりと形にしたのが、
副業コンサルタント起業モデルなんですね。

この商売スタイルは、むちゃくちゃ無駄のない
利益獲得方法なんです。

なぜなら、今の飲食店、美容室、治療院の1店舗経営だけだと、
自分が学び、自分のお店で成果を出すだけです。

つまり、自分が経営する1店舗分しか
利益が得られないわけです。

しかし、他店の集客サポートならば、
クライアントの店舗数分だけ
今までの自分の経験が生かされます。

つまり、クライアント店舗の数だけ
新たな収入を得ることができるのです。

そば店を経営している鳥羽さんは、
今、自分が得意なチラシ作製の代行も行うようになり
他店の集客サポートをしています。

自分のお店のチラシを作った場合、
自分のお店の売り上げアップにしか
自分のチラシ集客ノウハウは生かされません。

しかし、今、
鳥羽さんのチラシ集客ノウハウは
全国の店舗の方に役立ってます。

そして、お客さんから喜ばれながら
報酬をもらっています。

1つのスキルから
多方面でお金を得る。

これってすごく無駄のない
効率的な利益を生む方法だと思いませんか?

とはいうものの
実は、鳥羽さん自身も、
5年前は、コンサルタントどころの話ではありませんでした。

鳥羽さんのお話をお聞きください。

(ここから)

私は、
神戸市長田区の飲食店の二男とし生まれました。

小さな頃から商売人の中で育ち、
飲食店の酸いも甘いも知ってます。
そんな私が飲食店を選んだのも、
一言で言うと「好き」だったからです。

好きなそば屋を始めた時、
本当にうれしかったです。

毎日が充実していました。

お店も繁盛して、
順調にそば屋の経営をしていました。

儲かっている時の商売は、可能性が無限に広がり、
夢と希望に満ちた生活をおくっていました。

しかし、、、
開店して、15年ほどたって事態は変わっていきました。
年々、売り上げが落ち始め、、、

売上も全盛期の3分の2、2分の1と激減していったのです。
そうなってくると、
借金の返済、仕入れの支払、スタッフの給料や家賃なども苦しくなってくる、
支払のために定期貯金を解約する、
さらに借入を増やすなどの悪循環に陥っていったのです。

当時、私は、
働いても、働いても、改善されない経営状態に
不安を感じながら、

それでも朝から晩まで寝る暇も惜しんで働き、
正直、身も心も疲れ果てました。

「こんなにがんばっているのに、なんで儲からんねん!」
「いつまでやったら楽になるのやろうー」
と不安な日々を送り、過去に抱いた夢や希望も消えてしまってました。

それでも、職人気質の私は、まだ努力が足らんと思い込み、
「美味しいものを作るんだー」
「美味しいものさえ作っていれば、いつかは、わかってもらえる」
「一度、店に来てもらえれば満足してもらえる」
そう思って不眠不休で頑張っていました。

しかし、
もう限界が近い事は自分で感じはじめておりました、、、

そんな時、
今の私の師匠、ハワード、ジョイマンにであったのです。

ジョイマンを知ってから私は変わりました。
そして、次々と自分にふりかかる問題を解決できたのです。

(ここまで)

鳥羽さんは、
チラシで来店客数を伸ばしました。

最初は、チラシづくりも大の苦手で
2万枚出して3人しか来店しなかった時もあります。

でも、チラシ集客を続けることで、
今では毎月コンスタントにチラシから500人~600人の方が来店します。

そのスキルを他店のチラシ作成や集客アドバイスに
生かしているのです。

長年、飲食店経営で苦労してきた鳥羽さんだからこそ、
同業他社からの信頼も厚いです。

チラシ集客スキルを学んだら
1.自分の店舗で生かすだけでなく
2.多店舗サポートで生かす

1つのことから複数の収益を得ることができる
格好の商売スタイルです。

しかも、コンサルタント業を始めると
自分自身が失敗したチラシも
役立ちます。

自分のお店だけだと、
失敗したチラシは見たくもありません。

でも、コンサルタントとして
多店舗のサポートをするならば、
「こういうチラシは、失敗するから真似しないように」と
貴重なコンテンツになるのです。

失敗したチラシさえも
クライアント店舗の役に立つのです。
まさに、無駄がありません。

あなたの経験が、
さらなる利益になるのです。

明日で最優先価格での受け付けを終了します。
あなたの今日の決断が、
今後の人生の大きな飛躍の1歩になるでしょう。

明日終了→ www.haward-joyman.com/consul-kouza.html

ハワードジョイマン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。