fbpx


T O P

電話をかける お問い合わせ

増益繁盛クラブ

054-351-8655
午前10時~12時まで/午後1時~3時まで(土日祝休)

お問い合わせ



最近の投稿

2023年以降の次世代のビジネスモデル

2022年12月9日

おはようございます。
ハワードジョイマンです。

いかがお過ごしですか?
私は、昨日、
東京のお家で朝9時から
zoomでの個別コンサルティングを6人
実施して、夕方からは

オムライスフランチャイズの
リトルヤミーさんが加盟店さんを招いた
懇親会に参加させていただきました。

フランチャイズ加盟店の募集を始めてから
一年で加盟店が12店舗になりました。
(2店舗は開店準備中)

そして、夜も新幹線内でzoomで
軽いミーティングを行いながら
夜21時30分に清水に帰ってきました。

昨日も話しましたが
僕は、セミナーを東京で開催したり、
全国各地の商工会議所さんからも
講師として講演依頼をいただいたり、

旅行好きなので全国各地に旅行したりするので
あまり、地元清水にはいなかったりします。

地元では、僕がどんな仕事をしているのか
近所の人は知らない方が殆どで

「あそこの息子は
 役所も途中で辞めちゃったし、
 3年前なんて金髪にしちゃってるし
 あそこの親もかわいそうだねー」
こんな感じです。爆

少し前ですが
中学時代の同級生にバッタリ会いました。
※こう言うのよくあるのですが、

その人は現在主婦なので
平日の午前中にぷらぷらしている私をみて
「一体、平日の昼間に仕事してないの?」
と、思ったことでしょう。

「仕事は、大丈夫なの?」
「役所も辞めちゃったみたいだし、、、
まあ、頑張ってね!」
と言われました、、、笑

私が、市役所職員をやめたのも
・働くのも、
・家族と過ごすのも、
・遊ぶのも
自分で「選択できる」ようにして
子供と過ごす時間、
家族と過ごす時間も
大事にしたかったからです。

さて、ここ数日、
「2023年以降の新しい形の経営術」として
重要なお話をしています。

コロナにより大きく社会のあり方が変わった
2020年、2021年、
そして今年、、、

更に変化する社会の中で
あなたはどう変化対応していきますか?

昨日までの話を知らない方は、
下記の第1回目の話から順番に読んだうえで、
今日のお話をお聞きください。

■第一話
店舗経営者本人も気づいていない
店舗経営者が抱える3つの問題点

店舗経営者が抱える3つの問題点

■第2話 
店舗経営の最大の弱点とその改善方法とは?

店舗経営の最大の弱点とその改善策とは?

私は、出張の際も、
単にセミナーを開催したり仕事だけでなく
その街並みを散策したり、
絵画展に行き鑑賞したり、
松江では日御碕神社にお参りに行ったり、
仕事以外の予定も必ず入れています。

私の考えは、
仕事3割、遊び3割、家族3割

という仕事も遊びも家族も
3つをバランスよく大事にしたいタイプです。

そして、仕事と遊びの境界線を無くし
仕事も遊びも一生懸命笑
楽しんでいます(^ ^)

昔は、正直、
仕事をバリバリこなす社長に
あこがれていました。

店舗展開して、豪華な社屋。 株式上場。
そんなベタな成功像に
あこがれた時代もあります。

例えば、今から20年ほど前になりますが、
市役所に勤めていた時から、
当時、名をはせていた
有名な社長や起業家の講演
を聞きに行っていましたから、、、、

当時、市役所の仕事終わりや休日は、
新幹線に乗って東京まで大分行きました。

際コーポレーションの中島社長の講演や
グローバルダイニングの長谷川社長の講演や
ちゃんとの岡田社長の講演を始めとして
その当時、外食をにぎわせていた
社長の講演には必ずいっていました。

でも、時代の趨勢は残酷です。
今も勢いのあるのは ほんの一握り。
当時、輝いていたはずの社長の会社が
規模の拡大とともに勢いをなくす。

実は、店舗展開の裏で
資金繰りに追われていたり、
赤字経営が続く状態になっていたり、
大手に買収される。

下手したら倒産、破産。 一家離散、、、、
こういう光景をたくさん見てきました。

岡田さん(BOSS)は、
年商80億規模までいきましたが、
破産しました。

そこからまた一からスタートして
今は、肉割烹のお店を経営して、
復活しています。

先日も副業コンサルタント起業コースの
プレミアムクラスのメンバーと
岡田さんのお店「岡田前」に行ってきましたが

岡田さんは、私たちの先を歩む大先輩として
いつも勇気を貰ってます。

それまでは、
「店舗展開=年商規模急拡大
 =経営者として成功」
だとガチで思ってましたから、、、、
でも、色んな会社や社会趨勢の実態を調べて
愕然としたわけです。

子供と遊ぶ時間もない。
もちろん、会話もない。

いつも寝ている時間に出社し
帰ってくるころには寝ている。

昔は、妻も起きて待っていてくれたが 今では、
「温めて食べてね」の 一言メモすらない。

ラップされた冷めた料理、、、
でも、朝から晩まで働いたので、
疲れ切って、 正直、食欲もない、、、、、

それでも、
料理を作ってくれるだけでもありがたい。

「いつも悪いな、ありがとう」
本当は言いたい。

でも、お互いすれ違いの生活で
しゃべったと思ったら、
いつも喧嘩、、、、

全てを犠牲にして
朝から晩まで会社のために頑張って、
店舗数を伸ばし、外からみたら一見華やか。

周りからはちやほやされ
「社長、すごいっすね!」
しかし、実情は違う、、、
店舗数が増えるごとに増える借り入れ。

自分の給与(月収)は
誰にも言えないけど実は、
1店舗しか経営していない経営者より
低い 場合もあったりするのです。

周りからの視線と
経営のプレッシャーに
押しつぶされそうになる毎日

実はリスクばかり、、、

私は、こうした実態を目の当たりにし、
「人生の幸せって何だろう?」
って考えるようになりました。

そして、
全国で頑張っている店舗経営者の方が、
会社として得られる利益を最大化して
仕事も遊びも家族も充実した人生を
送れるためには、

店舗経営者が、 今の店舗経営も含め
どのようなビジネスモデルに
していけばいいのか?

今後の社会情勢の変化も見据えながら
考えました。

そして、 その実現をサポートするために
どのような体制を作ればいいのか?
めっちゃ考えました。

そして、ようやく 店舗経営者の方が、
店舗経営の利益を最大化する仕組み
いわば、これからの時代の生き方、
働き方である
「次世代のビジネスモデル」を
構築することができたのです。

次世代のビジネスモデル。

それは、飲食店や美容室、
治療院を経営している店舗経営者の方が、
会社の規模や売上よりも 会社に残る利益、
そして、 個人年収の最大化に
フォーカスすること。

どのくらいの利益規模かといえば、
従業員一人当たり利益2000万円を
スタートラインにして
従業員一人当たり粗利益4000万円を
目指すことです。

そして、十分な休みもとれて、
家族との時間、趣味の時間もとれる
仕組みなんです。

では、一体、
(1)年齢や体力、突発的な病気などの
   リスクも回避しながら、
(2)店舗規模による売り上げの上限リスク
(3)店舗展開によるリスクなど
あらゆるリスクをなくしながら、
会社の利益を最大化する
次世代のビジネスモデルとは、
一体どのようなものだと思いますか?

それが、
店舗経営により得られる収入だけでなく、
あなたが店舗コンサルタントとして
新たな収入を得て
複数の収入源を作り活動する
「副業コンサルタント事業モデル」
なのです。

あなたがコンサルタントとして、
同業他社のサポートをすることで、

お金を得ていくことが、
会社の成長だけでなく、
あなたの個人年収、ライフスタイルに
どのような 良い影響を与えるか?

明日のメールでお伝えします。
これは、 店舗は1店舗だけの経営でも
3店舗経営している人よりも
リスクが圧倒的に少なく

会社の収入と個人年収を最大化できる
これからの時代にピッタリの
ビジネスモデルなんです。

事実、今年2022年に
副業コンサルタント起業コースを受講した
大坪さんは、68万円のコンサルティングの
契約を始め、15人の方と21件の契約を
獲得して、今年のコンサル部門は、
合計837万円ほどをコンサルタントとして
得ています。

コンサルタント活動を始めてから3年
去年から飛躍し始めて累計1000万円以上
稼いでいます。

昨年12月の実践発表会でも
副業コンサルタント起業について
話してもらう福島さんも

自身の運営する5店舗の経営をしながら
現在も地元島根でコンサル業を続けています。

大坪さんや福島さんが確立して得た
コンサルタント収入は、
食べ物を仕入れる訳ではなく
今までの知識や経験を販売しているので
原価がほぼ掛かりません。

売上=利益だと考えると
大坪さんが得た800万円の利益
を得るためには

飲食店ならばどのくらいの売り上げを
立てる必要があるでしょうか?
ざっくり言うと

売上から経費を全て抜くと
売上高営業利益率は約10パーセントほどなので
逆算すると、
年商7000万円から年商8000万円規模の
お店を運営しなくてはいけません。

しかし、店舗を構えるとなると
店舗取得費用、家賃、スタッフの採用、教育、
毎月の人件費、シフト管理などなど
色んなことをやらなくてはいけません。
それに対して、大坪さんは
1人でコンサル事業を立ち上げて
クライアントを増やしています。

大坪さんも福島さんも、クライアントさんの
お店の売り上げも伸びていて喜ばれているので
コンサルタントの仕事が楽しいと
この前も話していました。

この3年、飲食店はコロナ禍に直面して、
自分のお店の経営も大変だった訳で、
未来の見通しもままならない
不安な状況でした。

しかし、同じ境遇だからこそ
お互いの気持ちを理解でき、
地に足ついた改善アドバイスができます。

大坪さんは先日実践発表会でお会いした時、
コンサルタントに興味はあったけど、
実際に自分が将来こうした仕事が
できるなんて思いもしなかったと
話しています。

あなたも同じです。
あなたにも大坪さんと同じように
無限の可能性があるんです。
ぜひ、明日のメールを
楽しみにしていてください。

「え?私がコンサルタント、、、無理無理」
「まだ、売り上げもそんなないし、、、」

と思った方も大丈夫。。。。

明日、コンサルタント活動が、
あなたの既存事業にとってもかなり良いことが
お分かりいただけると思います。

なぜなら
大坪さんの本業は
看板屋さん

しかし、
クライアントさんは
お寿司屋さんや花屋さん、塗装屋さん、
保険屋さんなど

全くの未経験の分野の方たちばかりです。

でも、
お寿司屋さんは売上に困っていた状況から
ぐんぐん売上を伸ばし、今や2店舗目も出店

花屋さんも月商が100万円未満だったのが
300万円を超える状況になりました。

つまり、あなたが未経験の業種でも
サポートしてクライアントさんが
結果を出すことができるのです。

なお、
この副業コンサルタント事業モデルを
取り入れている方たちは、

コンサルタント事業を新たに確立して
収入を得ることができるようになった
「だけでなく」

既存店舗の経営だけでなく、
コンサルタントの視点を取り入れることで
既存店舗が改善されて
売上をさらに伸ばしています。

事実、先ほども話した通り
このモデルを取り入れ始めた方たちは
着実に成長しています。

・既存店舗の改善による既存店売上アップ
・コンサルティング部門からの収入

変化の激しい時代において、
こうした収入源を複数持つことは
リスクを減らして収入の安定化を図る
とっても大切な視点であり取り組みです。

コンサルタント報酬は、
丸々利益で、手元に残るお金です。

個人差はもちろんありますが、
その1歩を着実に歩みだして
収入を得ることができています。

なぜ、コンサルタント初心者でも
収入を得ることができるようになるのか?
こうした秘密もお話ししますね。

それではまた明日!
明日のメールを楽しみにしていてくださいね!

あなたならできる(^ ^)/
応援しています!
ハワードジョイマン

追伸、、、
増益繁盛クラブゴールドでは、
集客に役立つ方法や客単価アップなどの
販促アイデアや言葉がけについても
定期的に会員掲示板に
私が投稿したりもしています。

あなたもゴールドに参加して
一緒にアイデア出しあいませんか?

こうやって 1週間に1個
新しい販促アイデアを試すだけでも
1年間で52もの販促アイデアを試せます。

日本国内で店舗経営している経営者の中で、
年間52個も販促アイデアを実行している人って、
トップ1パーセントもいません。

なぜなら、思いつかないからです。
でも、あなたはそうした販促アイデアを
ゴールド会員になるだけで
毎週手に入れることができます。

このゴールドですが、
12月も、既に7名の方が
新規にご参加いただいてます。

↓このゴールドに、
初月たった980円でお試し参加することが
できます。お気軽にお試しください。

増益繁盛クラブゴールド

【編集後記】
清水エスパルスが2部降格になり、
今は、契約更改の時期です。

来年もエスパルスで頑張る方
移籍する方、色々情報が出て来ますが
来年は、J1に復活できるよう
頑張って欲しいです(^ ^)

長い間続けると言うことは
良い時もあれば、悪い時もある。

だからこそ、
私を信じてついて来てくださる方には、
悪い時もへこたれず、腐らず精進して
黒字経営を続けられるように
サポートしていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です