▲ページTOPへ

51店舗目 岡山さん|焼肉店(石川県金沢市)

石川県金沢市の焼肉店「炭火焼肉 ぶーちゃん」の岡山さんは、三代目の経営者。20年前に家業を引き継いだものの、代替わりによる影響などで売上が低迷。インターネットで見つけたジョイマンさんの言葉に感銘を受け、ゴールド会員に。その後、高単価プログラムを受講したところ、年間で1,000万円の売上アップを達成しました。取り組み内容や受講の効果について、お話を伺いました。


実際のインタビュー映像もございます。こちらもご覧ください。


※実際のインタビューは1分58秒から始まります。

金沢市内の住宅街にある創業65年の焼肉店

map

- 「炭火焼肉 ぶーちゃん」について、おしえてください

金沢市内にある豚足が看板メニューの焼肉屋です。創業65年で、私が三代目です。創業した祖母が豚足を考案し、父が広めて、私が20年前に継ぎました。


- 看板メニューの豚足の特徴は?

一般的な豚足は、一度業者さんが煮たもの、仕入れてお店で焼いて提供しています。 それをうちでは、生の状態の豚足を仕入れて、丸半日かけてゆっくり煮込みますので、箸でも切れる豚足です。生の状態から煮込んで炭火で焼く豚足は、外は「カリカリ」、中は「モッチリ」のコラーゲンたっぷり。その分、煮込む手間はかかりますが、余分な脂がなく、豚足特有の臭みも全部消え、やわらかく食べやすくなっています。創業した祖母が考えました。


- お店は当初から、この場所ですか?

いいえ。ここからちょっと離れたお店だったんですけど、小さいカウンターだけのお店でやってました。その後、父の代のときに、現在の場所に建てました。


- 客層は?どのようなお客さんが多いですか?

平日と土日でちがいますが、平日は30代から50代くらいの男友達や会社関係のお客さんが中心ですが、土日は、そのほとんどがファミリーです。二世代、三世代というファミリー層です。2フロア、100席あることもその理由かもしれません。それを私と姉、アルバイトの6名でまわしています。


- 特徴的な店名の“ぶーちゃん”の由来は?

祖母がはじめた小さいお店で、豚の内臓や豚足など豚を中心に扱っていたこともあって、そこから“ぶーちゃん”と名付けたと聞いています。


広告を打つ=「お客さんが来てません」
って言ってるような気がして・・・(笑)

- どのようなとこに困っていたのですか?

私が継いで、21年目。その時から比べるとお客さんが高齢になり、常連さんも減ってくる。売り上げも少しずつ下がってきて、5年後10年後を考えたときに、これはまずいなと思っていました。しかし、どうやったら良いかも全然わからない。


そんなある時、インターネットで“商売繁盛”と検索したところ、ジョイマンさんにたどり着きました。最初見たのがホームページだったんですけど、「美味しいのにつぶれるお店がある」というようなキーワードを見て、これだ!と直感で感じました。正直ホームページの中身もそんなに詳しく見てなかったんですけど、その言葉だけに惹かれて。もし、これで騙されても別に良いや、と申し込んだのです。


- 他のコンサルタントなどは、探しましたか?

いいえ。全くしなかったですね。なんかあの時は迷いなかったですね。そもそも、お店を経営していれば、誰もそうだとは思いますが、自分では「うちの店が一番」と思ってやっています。その点を、ズバッとひと言で表現したジョイマンさんに共感したっていうか惹かれたっていうか・・・。ですから、他を探そうという気にもなりませんでしたね。


- 即決でゴールドに入会されました。実際に入ってみて、どうでしたか?

最初は、月1回送られてくる会報誌。あれを2、3か月読んだかな。その後、メルマガも購読して、POPの大事さを理解しました。なかでも印象に残っているのが、同じ北陸地方にあるお蕎麦屋さんの動画です。それを見て、POPだけでなく、チラシの重要性も理解しました。おなじ北陸の田舎でも大丈夫なんだな、みたいな感じで参考になりまた。


- 会報誌をご覧になってどうですか?

まず、広告する、宣伝する、という考えが全くなかったんです。だから、全てが新鮮というか。とりあえず、全部吸収しようと思って、そういう考えで色々読んでました。


- 新規客を獲得するための販促というのは、取り組んでいましたか?

いいえ、全くやってなくて、「お客さんがお客さんを呼ぶ」って、ずっと思い込んでいました。「美味しければ、お客さんは来る!」という考えでいましたので、広告宣伝とか全くしなかったです。そもそも、広告を打つっていうことは、「この店は、お客さんが来てません」って言ってるような気がして(笑)。 そういうの絶対やりたくないなと思ってました。


- 「うちはお客さん来てないよ」というのは、お客さんに対して?は同業者に対して?

どっちもです。


- 結果的に、2015年1月にゴールドに入会しました

ジョイマンさんの言う事は全部失敗しても良いからやってみようと思って、何でもやりましたね。会報誌を読んだら、みんな広告宣伝やってるし、それが大事なんだとすんなり入ってきました。


POPを書いて、客単価アップから取り組んだ

- 具体的に、なにを、どの順番で取り組みましたか?

POPで客単価アップ ⇒ チラシで新規顧客獲得 ⇒ DMでリピート促進 です。まずは、POPマスタープログラムに取り組みました。


- なぜ、POPから始めたのですか?

会報誌やメルマガを読んで、結果を出している人は、ジョイマンさんの教えに忠実なのがわかりました。そこで、私も常連さんの客単価を上げるためにPOPから取り組みました。すぐ100円POPに入会しました。


- これまでPOPに取り組んでいましたか?

いいえ。以前は全く、やったことがなかったです。


酒造メーカーから提供されるお酒のPOPを貼っていたくらいです。それくらいの知識しかありませんでしたが、100円POPの動画や会員さんの作品をマネしてみました。例えば、「美味しい」という言葉を使わずに「美味しさを表現する」というのは、自分なりに考えてやりましたね。


- お客さんの反応は?

すごい反応は良かったです。「常連さんなら知ってるだろう」と思っていたことが、知らない。「こんなのあったんだ」「こんな美味しいのあったんなら、もっと早く教えてよ」という反応が来て、驚きました。


例えば、豚身のタン元というのがあるんですが、豚一頭から本当にちょっとしか採れない部位なんですけど、お客さんは知らない。だから、私たちが伝えなきゃならないんですよね。考えてみたら、自分も他のお店行けば、POP見て頼んでいましたよね。実際にPOPを貼ったら、言葉だけでオーダーが増えるんだ、と思って、不思議な気分です。お金もかかりませんし。


- POPを貼る前と貼った後、客単価に変化は?

800円くらいですかね。1000円まではいかなかったです。
文章もマネして書いたので、頭はちょっと使ったかも知れませんが、そんなに苦労もせず完成しました。アルバイトに美大の学生がいるので、自由に書いてもらえたのも良かったかもしれません。


2つの高単価プログラムを受講し、
年間1,000万円売上アップを達成

- その後、2015年8月に増益戦略構築プログラムを受講されました

増益戦略構築プログラムは全3回のプログラムですが、仕事の関係で1度しか東京に行けませんでした。残りの2回は動画で参加しました。


- そもそも受講した理由は?

じつは、それもちょっと間違えたというか・・・ちょっと私が参加するには早い段階だったんですよ。 あとからジョイマンさんに聞いたんですけど、売り上げがポンと上がった人が勉強する内容だったみたいで。当時はまだそこまで行ってなかったんですね。でも、動画ももらえたので、売り上げ上がったいま見ると理解できる内容ですね。


- 増益戦略構築プログラムは、2015年の8月から受講され、凄腕経営者育成プログラム」は、2017年2月スタートです。その間、約1年半の間に売上が、1,000万円アップですか?

はい。客単価にPOP、新規獲得にチラシの2つに取り組んだところ、月間で80万円以上の売上アップができました。特別なことはなにもしていません。POPもチラシも、他の会員さんの成功事例をマネしただけです。


- たった1年半で、売上1,000万円アップはすごいですね。なにが変わったのですか?

大きくわけて3つあります。客単価、新規顧客、リピートです。


まず、POPで「客単価」が上がりました。1人3,000円だったのが、いまは、4,500円です。 次にチラシをまいたので、「新しいお客さん」が増えました。ポイントカードを発行しているので、その数字で見ると、350人くらいが増えました。 そこから、DM送付して「再来店」が増えました。頻度は2か月に1回くらい。反応率は10%前後です。クーポンをつけていますが、DMを持参しないお客さんもいますから、実際のDM反応率はもう少し上だと思っています。


この3つの施策で、年間1,000万円の売上アップになりました。


- 3つがバランス良く、キレイな流れができているように見えます

ジョイマンさんの指導のおかげです。それも、1年半かかって、ようやくできた、って感じです。


- 「凄腕経営者育成プログラム」について、教えてください。受講のきっかけは?

事前にメルマガで告知を知ったとき、これから先のことを考えたら、これは絶対勉強しておかなきゃいけないと思ったんです。自分に発破かける意味でも受講を決めました。


- 実際の講義の感想は?印象に残っていることはありますか?

1回目は行けなくて、動画で参加。残りの5回は、会場に行きました。内容はもちろんですけど、肩を並べた周りの人たちの頑張りを肌で感じたことが、大きな収穫です。すごい刺激になって。そういう刺激は、ほんと、たくさんもらいました。


- 受講後、具体的に行動したことは?

これまでできなかったことに取り組むつもりです。


1)毎月チラシをやる
2)ハガキDMの頻度を上げる
3)食べログとぐるなびを取り組む。
ぐるなびは7月から、食べログは9月からスタートします。


これまで、販促の重要性は十分わかってたんですけど、凄腕でいっしょになった経営者の話を聞いたら、自分は全然やれていないと痛感しました。そういう刺激は受けましたね。


自分の月収も2倍になりましたが、税理士からはもう少し増やしていいと言われています

- ちなみにゴールドの入会前と今と、売り上げってどのくらい変わったんですか?

入会前の年間売上が2,100万くらいでしたが、いまはもう3,500万くらいです。2年半で、1.5倍ですね。


特に平日の売上が凄まじいです。これまで、1万、2万だったものが、いまでは、7万、8万あったり。客数はさほど増えてる印象はないのですが、客単価が上がっているので「暇だな」って思っても、売上アップにつながっています。効率がいいですよね。その代わり土日は、それほど影響はありません。ファミリー層が中心ですから。


- ジョイマンさんに学んで、年間1,000万円上がりました。客単価も上がった。再来店も増えた。数字以外での変化はありますか?

精神的に、すごい楽になりましたね。られるようになりました(笑)
それまでは、2週間に1回くらいコースに出るんですけど、ゴルフ場でも支払いのことばっかり考えてるんですよ。


- スコアも上がりましたか?

そうですね。安定して上がっています。遊びは遊び、仕事は仕事みたいな。メリハリがつきました。 去年、新しいクラブも買えましたし。


- 売り上げでいうと1千万ですけど、利益ベースで言うとどのぐらい増えている感じなんですか?自分の月収とか。

私の月収は、以前が20万でしたが、いまは、40万円ちょっとです。単純に2倍ですね。税理士からも、「もう少し取ってもいい」と言われているので、上げようかと思っています。


2フロアの強みを活かすためにも、宴会需要を取り込みたい

- 今後、どのような展開をお考えですか?

今、ぐるなびと食べログに力入れていますから、そこからの集客ですね。あとは団体客。いま、コース料理を設定していないので、その辺もがっちり作って、2フロアありますから、その強みを活かして、団体客や宴会需要を掘り起こしたいと思ってます。


- ゴールド会員の活用例やアドバイスを教えてください

私がしているのは、毎月会報誌が来ると気になった点を付箋で目印をして、必要になったときに読み返すようにしています。自分に必要な情報がわかったときに、会報誌を参考にする感じですね。毎月、さらっと読むだけにして、必要に応じて参考にしています。そんな使い方もできますよ。


- 岡山さんからご覧になって、ジョイマンさんって、どんな人ですか?

私にとっては、商売していく上で大先生っていうか。明るいし話しやすいし、何でも悩みがあったら聞いたり。そんな感じですかね。ネットで発見したときとの差もありません。そのまんまっていうか。想像してた通りっていうか。


- 仮に、ジョイマンさんに会ってなかったとしたら、いまごろお店はどうなってたと思いますか?

どうなってるんですかね。もしかして、お店はなくなっていたかも知れないですよね。あるいは、少ない売り上げでほそぼそとやっていたか。ゴルフに行くお金もないんで諦めたり、飲みに行くのも減らして生活していたかも知れないですよね。
三代目の責任をまっとうできなかったかもしれません。


- いま、売上に悩んでいる経営者の方へ、アドバイスをいただけますか?

私がやってみようと思えたのは、安かったから。100万、200万というプログラムではないのです。ゴールドも、最初は9,800円からスタートしています。この金額なら、まずは試すことができます。お金捨てる覚悟ではありませんが、それくらいの感覚で取り組むことができます。自分に投資をすると思って、始めてみてはいかがでしょうか。


- 最後に、ジョイマンさんにメッセージを

もうそのままでいて頂いて、このまま継続していただいて、ケガされると困るので、健康で僕らを導いてほしいな、と思っています。とにかく、ご自愛ください。

【ご登録前にご確認ください】
  • 登録された個人情報は、弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理されます。
  • 本メール配信は、受講者の利益の保証や利益の補てんを保証するものではありません。
  • 購読の解除は、配信されるメールの本文末に記載のURLをクリックすることで解除することができます。
  • 携帯電話のメールアドレスでは、メールが届きませんので、パソコンメールでのご登録をお願いします。
メールアドレス(必須)

入力間違いにご注意下さい