今より更にお客さんの数と店舗利益を倍増させる増益繁盛クラブ 増益繁盛クラブ お問い合わせ

経営者自身も気づいていない経営上の隠れた問題点

こんにちは(^-^)/
ハワードジョイマンです。

昨日、美容室を経営しながら
コンサルタント活動もしている
佐藤さんや能重さん、原さん、布施さんたちといました。

この方たちは、
複数店舗を経営したり、
コンサルタントとしても活動したりしています。

佐藤さんは、最近も半年で110万円のコンサル契約を獲得したり、
原さんも半年で30万円の契約を獲得。

能重さんも、求人文章の作成代行で
継続的にサポート依頼をもらうなど、
着実にステップアップしています。

私の周りには、
この4人のメンバーのように
主に店舗経営をしながら、
コンサルタントとして活動している人が
着実に増えています。

そのメンバーには、
店舗経営とは別にコンサルタント活動だけで年間1000万円以上の
年収をとって欲しいと願っています。

もちろん、このメンバー以外にも
既存の店舗経営では、
昨年対比を毎年上回る業績を出していてたり
新店舗をオープンさせたりと経営も順調な方が多く、
店舗経営だけで、充分、充実した生活を送れると思うのですが、

なのに、さらにコンサルタントとして活動をするのでしょうか?

「別に今のままでええじゃん」

このように思いませんか?

実は、経営者は、
例え、店舗経営の業績が絶好調でも
本人も気づかない経営上の3つの問題点を抱えています。

今日は、店舗経営をしているならば
事前に理解しておきたい3つの問題点についてお話ししたいと思います。

経営者が抱える3つの問題点を事前に知っておくことで、
適切な経営方針や対策が導けるので、
知っておいたほうがいいです。

【経営者が抱える(本人も気づいていない)3つの経営上の問題点】

まず1つ目は、「経営者自身が抱える問題」です。

このメールマガジンを読んでいる経営者の方たちは、
1店舗から3店舗くらい店舗を経営している方たちが多いです。

その中でも、1店舗経営で、
家族とスタッフを合わせて3人~7人くらいで店舗経営している
飲食店の方や美容室の方が大半です。
治療家の場合は、ほぼ1人経営の方が99%でしょう。

きっと、あなたもそうではないでしょうか?

実は、私たちは店舗経営する中で、
問題点を抱えています。

それが、私たちは、毎年、着実に1つ年をとるということです。
いつまでもあの頃のように朝から晩まで働いても
全然疲れないパワフルだ!なんてのは、今はむかし。

体力も落ちて、疲れが取れにくくなるし、
病気にかかれば、お店が開けられない、、、、
なんて危険性も常にはらんでいます。

特に、自分が中心でお店を経営している人は、
思わぬところで怪我に巻き込まれたり、
病気などでお店を開けられなくなり、
売上がゼロの状態になり、
そのまま閉店せざるを得ない状況に陥るパターンもあります。
2つ目が、店舗規模による売上上限に関する問題です。

チラシやPOP、葉書DMやニュースレターなど
いろいろな客数増加策を実践しだして
お店の売上が伸びてくる方が多いです。

しかし、その一方で問題が発生します。
それが、客席数が決まっているので、
ある一定売上に達するとそれが上限となり、
それ以上売上を伸ばせないということです。

例えば、人間お腹が空くタイミングは共通しています。
だから、一気にお客さんが来てしまうと、
結局、席数がうまれば、断らなくてはいけません。

だから、せっかく、チラシで集めても
店舗に入れないお客さんを逃してしまい
売上を逃すというのは問題です。

例えば、昼時に10人くらい毎日逃していたら、、、
客単価1000円のお店が年間で200日営業でも
2000人を逃している計算です。

2000人×客単価1000円=200万円
つまり、200万円の売上を逃していることになります。

かといって、、、、

「あー、あと10席増やせれば、、、」

と思っても、その10席を増やすための店舗拡張となると
1000万円とかリフォーム代金、店舗拡張費用が掛かったら
中々、手を出せませんよね。

そのため、繁盛してくると、
多くの方が2号店、3号店の出店を考えるようになります。
しかし、ここでも問題が発生するのです。。。。。

それが、3つ目の問題点である「店舗展開で発生する問題」です。

店舗展開をしようと、2店舗目、3店舗目を出そうと
頑張ると、実は経営地獄の始まりだったりします。

店舗展開するために、
借り入れをします。

そして、毎月払う家賃等の固定費が増えます。
人も増えるので人件費もバカになりません。

正直、借り入れを返済するために働く毎日になります。

そして、スタッフ採用に多額の広告費をかけても
人口減少の時代に、スタッフが容易に見つかるわけもありません。

アルバイト情報誌や求人ネットなどに
広告をだしても、反応がない月もあります。

そして、ようやく従業員数が増えたと思ったら、
「私、やめます」と言って、自由気ままにやめていくスタッフ。

職場内のスタッフ同士の人間関係で
経営者はヤキモキします。

そして、店舗が増えると、
経営者の仕事は、
マネジメントに移ってきます。

1店舗の時は、
それでも大好きな料理もできた、
お客さんの髪も切れた。

でもそれが3店舗、4店舗と増えていくと
超苦手なマネジメントが経営者の仕事の領域になります。

これが苦痛で、
昔は何店舗もやるのが理想の成功増だったのに、
いざ、店舗展開すると、すっかり元気をなくす経営者がいるのも事実です。

「あの人、昔のほうが生き生きしていたね~。
なんか最近、お店が増えてから覇気がなくなったね~」

こんな会話、、、あなたも身に覚えがないですか?

そうです。店舗展開というのは一見華やかで、
経営者の成功像(理想の姿)としては分かりやすいです。

しかし、
店舗が増えるということは、金銭出費も増え、それがストレスの原因になり、
スタッフの問題による人間的なストレスも増えます。

都内で16店舗を展開し、
一見、成功しているように見える経営者の月収が、、、
わずか50万円

しかも、借り入れ1億円とかいったら
夢はありますか?

実は、店舗展開というのは、
これから人口がさらに減る時代の中で、
大きなリスクの1つなんです。

店舗展開した会社はその規模を、
毎月の固定費を賄うために、
低価格販売に走り、、、
低価格販売は利益がとれないから
本当に自転車操業になりえます。

この先の顛末がわかりきった悲しい経営モデルでもあるのです。
さて、実は、店舗経営をこの先10年、20年としていくにあたり、
今日、お話しした

(1)経営者本人の問題や
(2)店舗規模による売上上限の問題、
(3)店舗展開による問題

こういった問題を常に抱えていることを
知っておいてください。

今日の話というのは、
改めて聞くと、、、、

「確かにそうだよな~」と思う方が多いです。

しかし、こういう形で
改めて言われないと、経営者本人も気づかないことが多いです。
そして、いざ実際に初めてその場面になって
気づいて後悔することが多いです。

病気になってから、、、、後悔しても遅いですし、
店舗展開してから、、、、後悔しても遅いですし、、、
では、それらの問題をどのように対処していけば、
私たちは、他のお店よりも利益が高くて
安定した経営をしていくことができるのか?

まさに、店舗経営者が目指すべき
次世代のビジネスモデルについて
明日、お話をしたいと思います。

もちろん
次世代のビジネスモデルは、
今日話した3つの問題点を解決し、
あなたの会社の利益、そして、社長の個人年収を
一気に押し上げる画期的なビジネスモデルです。

ぜひ、明日のメールを楽しみにしていてください。

応援しています!(^-^)/
ハワードジョイマン

客数・利益倍増法(無料メールマガジン登録) 増益繁盛クラブゴールド(初月お試し)のご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

客数・利益倍増法(無料メールマガジン登録)