▲ページTOPへ

38店舗目 中島さん|富山らーめん真太(富山県南砺市)

ra-men

富山県の福野町という、人口1万人の比較的静かな町で、富山としては珍しい塩ラーメンを看板メニューに掲げる「富山らーめん真太」を経営する中島 真太郎さんは、「店舗利益倍増プログラム」や「副業コンサルタント起業コース」、「プラチナグループ」を受講する事で、これまで絶対に不可能だと思っていた月商500万円を達成しました。そこで、どのようにして売上を上げたのか、またジョイマンの元でどんな学びを得たのかについて、詳しく伺ってきました。

富山らーめん真太について


富山らーめん真太 店内模様

- まずは「富山らーめん真太」さんがどのような店舗か、お教えください。

富山県の南砺(なんと)市は福野町という、人口1万人程度の田舎にあるラーメン屋です。
今から10年前の2006年3月にオープンしました。

座席数は34席。カウンターは7席しかなく、テーブルと座敷が中心です。そういう座席構成なのもあって、土日は家族連れのお客さんが多いですね。

ウリは塩ラーメンで、開業時からずっと看板メニューです。
富山県は塩ラーメンをウリにしているお店はほとんどなくて、今でも珍しいと思います。

- 富山ではどのようなラーメンがポピュラーなのですか?

昔ながらの中華そばとか、野菜たっぷりのラーメンが地元に根付いていますね。
そのため開店当初は、うちの塩ラーメンを食べたお客さんから「こんなのはラーメンじゃない」とか「もっと野菜が乗ったラーメンはないのか」とか、色々言われました。

でも自分たちを信じて営業をし続けて、じわじわとお客さんも付いて、少しずつラーメン自体も浸透していってくれたんです。

 

黙々とラーメンを作る金山店長(写真左)と、
看板メニューの福の塩そば(写真右)


- 元々、塩ラーメンを出すお店で修行されていたのですか?

いえ。私は愛知県にある2軒のラーメン店で修行していたのですが、1店舗目は塩ラーメンがそもそもない店で、2店舗目は、味噌ラーメンがウリの店でした。

ただ、休みの度にラーメンを食べ歩いている内に、本当に美味しいなと実感出来たのが、淡麗系の塩ラーメンだったんです。

しかし富山にはそういうタイプの塩ラーメンがありませんでした。
中華そばとか野菜たっぷりのラーメンは、それはそれで良いんですが、選択肢が少ないのはもったいない。
そこで、こういうラーメンもあるよ、という提案の意味も込めて、塩ラーメンを出すようにしたというのもあります。

うちでも味噌ラーメンや、醤油ラーメンなんかがあるのですが、出る数としては、塩ラーメンが8割くらいで、一番多いですね。


サークルKサンクスにて販売された、富山らーめん真太のカップ麺

- コンビニエンスストアから、カップ麺も出されていると伺いました。

はい。サークルKサンクスから発売させていただきました。
2010年が5月25日です。我ながら、よく覚えてるなー(笑)。

最初は北陸限定で7万個発売されていたのですが、好評だったようで、全国展開する事になりまして、最終的にはトータル22万個が販売されました。

- カップラーメンの開発には、時間が掛かるんですか?

ラーメン担当者が絶対味覚を持っているらしくして、その方が、うちでラーメンを食べて試作されて、それを食べた私が「香りが弱い」、「塩気が強い」などの返事をして……というやり取りを5~6回繰り返して、やっと完成しました。

カップラーメンの調味料にはどうしても限界があるので、完全再現は難しいのですが、それでもお店らしいカップラーメンにはなったのではないかなと思っています。


穂乃和香(ほんわか)の人気メニューリッチチョコバナナのパンケーキ

- 隣でパンケーキのカフェもやられているとの事ですが。

はい。「穂乃和香(ほんわか)」というお店を、2015年6月にオープンしました。

こちらは女性客をターゲットにしていて、お客さんの9割が女性となっています。
ちなみに席数は、24席です。

- ラーメン屋をやりながら、なぜカフェもやろうと思ったのですか?

私が生まれ育った福野という町に、そもそも飲食店が少なかったからです。
あっても昔から家族でやっている飲食店ばかり。そういうお店は、アットホームな感じで良いのは良いんですが、距離感近すぎるという、良し悪しがあると思うんですよ。

私は食べに行く事が好きなので、自分が行きたいと思うようなお店がもっとあればいいなという思いもあって作りました。

カッコ良く言うと、地域のためです(笑)。


富山らーめん真太 所在地

味と接客だけでは集客が出来ない事に気づく


富山らーめん真太 代表
中島 真太郎さん

- カップ麺も出て、新たにカフェもオープンされたという事で、経営はずっと順調だったのでしょうか?

いいえ。
ただ、経営の危機という状況にこそ陥っていないのですが、色んな事をやっても、客数が頭打ちになって、あまり売上が上がっていかなくは、なってきていました。

それまでは、味と接客が良ければ、お客さんは勝手に来てくれると思っていたのですが、そういうものじゃないのかも知れないと思うようになってきたんです。

そうなって初めて、集客の勉強をするようになりました。
これが、ラーメン屋オープンから4年後の2010年くらいですね。

- 当時はまだジョイマンの事は知らなかったのですか?

知りませんでした。
経営の本を読んだり、セミナーに参加して、それこそチラシを作ってみたりと、色んな実践をしてみました。
ただ、なかなか継続には至りませんでした。

自分の中のどこかにまだ、「そうは言っても、美味しいラーメンと行き届いた接客さえあれば大丈夫」という思いがあったんだと思うんです。
もちろん、それらは今でも必要だとは思ってるんですけど、それだけでは売上には繋がってくれない事もあるんだと、当時は気づかなかった。

そういう考えを持っていた事もあったので、初めて経営に関するセミナーに参加した時も、1年くらい通った段階で、自分の中で頭打ちを感じて辞めてしまったんです。
その後、また別のセミナーに行って1年くらいで辞めて……というのを3年くらい繰り返していました。

今、振り返ると、参加して学んでいる事自体が目的になっていたんですね。
参加している時は、それなりに成果は出るんですけど、辞めるとやっぱり売上が戻ってしまいます。

今ほど、反応のいい販促物が作れていなかったので、費用対効果という意味で、あんまり良くなかった。
これも、セミナーを1年ほどで、すぐに辞めてしまっていた原因のひとつです。
これだけお金掛けて、このリターンってどうなんだろうと思っていたんです。

あとは、「今月は忙しい月だからいいか」と、ヒマな月に販促をやる事も多かったんですよ。
でもヒマな月というのは、そもそも人の動きが悪い月なので、当然ながら販促活動をやっても反応が悪いものなんです。
そんな事すら分からないので、チラシは効果がないなーと、間違った分析をしてしまっていました。

- そんな中、ジョイマン、繁盛店研究所を知ったキッカケはなんだったのでしょう?

ラーメン専門誌の中で紹介されていた、高知尾正幸さんという別のコンサルタントの方のメールマガジンです。
このメルマガの中で、「師匠のJH」という言葉が時々出てきていたですよ。

「師匠のJH」って誰だと思って、ネットで検索したりして調べてみたところ、ハワード・ジョイマンにたどり着いたのがキッカケです。

なんだか面白そうな人だと、すぐにメールマガジンの購読を始めました。
これが2014年11月です。

- そこから3ヶ月後の「店舗利益倍増プログラム」の体験会にすぐ参加されましたが、申し込みに踏み切った理由をお聞かせください。

メルマガを読んでいて、正しい事を言っているなと感じたからです。

ただこの頃は、丁度、前のセミナーを辞めた時期という事もあって、まずは体験会に行ってみようという気軽な気持ちでした。
参加費も、たった2000円でしたので(笑)。

でも、体験会を経て、この人に付いていこう、この人の元で学びたいと思うようになりました。


「権威がない……確かに!(笑)」

- 他の講師と比べて、なにが違ったのでようか?

良い意味で、権威がないところですかね(笑)。

以前、通っていたセミナーの講師は、権威を前面に押し出していらっしゃって、まだセミナー中に出される課題もかなり厳しいものでした。そういった、厳しい講師のプレッシャーに押しつぶされてしまい、最終的に五百円くらいの円形脱毛症がふたつ出来た事もありました。

とても偉い方なのかもしれませんが、人として自分が付いていきたいかと考えた時に、この講師は違うなと思ったんです。

その点、ジョイマンさんは、良い意味で適当だったんです(笑)。
でも仰っている事は、的を射ているし正しい。

正しい学びを、肩肘貼らずに習得していける場というのが、私にとって良いな、この人なら付いて行きたいなと思って、申し込みをする事に決めました。

チラシ効果だけで年間売上が211万円アップ!

- 体験会を経て、すぐに「店舗利益倍増プログラム プレミアムクラス」に参加されました。こちらでは、どういったことを学べましたか?

抽象的な部分で言えば、私の中にある「限界」というストッパーを取り除いてくれました。

私はそれまで、駅前とは言え田舎のラーメン屋ですので、この立地で、この規模のお店で、今まで以上に売上を伸ばしていくのは厳しいんじゃないか、限界があるんじゃないかと思っていたんです。

でもそうした限界は、販促活動、集客をやっていなかっただけだという事を、実践を通して教えてもらいました。

とは言っても、頑張ったのはプレミアムクラスになってからで、基本クラスの頃は、あんまり実践はしていませんでしたけど(笑)。

- 基本クラスとプレミアムクラスはなにが違うのでしょうか?

基本クラスは、全4回のセミナーを受けられるというものです。
プレミアムクラスは、基本クラスで学んだ後に開催される、グループコンサルティグやその後の懇親会に参加出来たり、メール相談サービスなどが付いたコースです。

- 基本クラスの頃は、なぜ実践に繋がらなかったのでしょうか?

現段階で、切羽詰まった状態じゃなかったからというのが一番の理由です。

もっと売上を上げたいという思いはありましたが、生活に困るとか、店を畳むという状況とはほど遠かったので、なかなか尻に火が付かなかったんですよ。

でもプラミアムクラスの時は、グループコンサルティングなどで、ジョイマンさんから名指しで「コレをやってきてください」などと言われるようになるんです。
基本クラスの時は、いわば全員に向けた宿題を出していたのが、プレミアムクラスになると、個別に向けた宿題に変わったんですね。

そうなると、もうやるしかないという事で、真面目に販促活動を実践するようになりました(笑)。

- 具体的には、どのような事が学べましたか?

一番勉強になったのは、やっぱりチラシですね。

効果のあるお手本のチラシを見せてもらって、それを参考に、自分の店に置き換えて作り始めました。

ジョイマンの教えを受けた作ったチラシ

- ジョイマンの学びは、チラシのどういった部分に活かされているのですか?

例えば、写真だけじゃなくて、キャプションという説明文を入れる事で、その写真でなにを伝えたいかより分かるという事ですね。

写真そのものも、動きのある写真を使う事でよりお客さんが見てくれるようになるという事も学びました。

あとは、文章の表現についても教えていただきました。
例えば、「24時間以上かけて仕上げる」と時間や数字を入れたり、「ホロホロ柔らか」と食感をイメージ出来る文章を入れ込んだりしています。

クーポンも工夫をしていますよ。
ただ載せるのじゃなくて、例えば餃子のクーポンなら、その前に餃子の説明を入れて、餃子の価値を高めるところからやるんです。
そうして価値を高めた餃子が安く食べられるという事を謳ったクーポンにする事で、クーポン自体の価値を高めたりもしました。

- そうして作ったチラシの反応率は、いかほどだったのでしょうか?

月や地域によって変わりますが、大体0.4~1%くらいになります。
効果としては、これくらいあれば十分ですね。

月に1万5000~1万8000枚くらい出していますので、多い時で月に180組のお客さんに来ていただいている事になります。

- それによって売上はどのように変わりましたか?

チラシのクーポンだけで、1年間で211万円の売上になりました。

ただ、チラシをやり始めてからの1年間で、トータルの売上が468万円もアップしたんですよ!

この頃は、まだチラシ以外で大きな販促活動をやっていた訳じゃありませんし、クーポンを持って来ないお客さんもいらっしゃる事も考えると、アップした468万円という売上のほとんどは、チラシのお陰なんじゃないかと思っています。

現場から離れる事に成功しコンサルタント業も開始!


「プラチナグループでは、自分の
知らなかった世界を、
どんどん体験させてもらっています」

- 「店舗利益倍増プログラム」終了後、「プラチナグループ」にも入会されました。こちらはどのような会なのですか?

「プラチナグループ」は、年に6回、1泊2日で普通では体験出来ないような事を体験して、経営者としての見識や幅を広げるというコースになります。

さらには、「利益倍増プログラム プレミアムクラス」と「副業コンサルタント起業コース プレミアムクラス」が無料で受けられたり、ジョイマンさんと共同プロジェクトを実施する権利が得られたりと、様々な特典も付いています。

- この「プラチナグループ」に入会された理由をお教えください。

もっとジョイマンさんのもとで、深く学びたいと思ったからです。

「店舗利益倍増プログラム」」で、自分の中で勝手に設定していた限界を「突破出来るものだ」という考え方に変えてもらいました。
それで、ジョイマンさんって、本当にすごい方だなと、改めて思うようになったんです。

そんなジョイマンさんから、得られるものは得たい。そのためには、一緒にいる時間を増やした方が良いと、考えるようになったんです。

ですので、これまでのセミナーやグループコンサルティングがメインのコースに比べて、より近い距離で、ジョイマンさんとご一緒させていただける「プラチナグループ」に入会する事に決めました。

今は、1泊2日の体験を通して、ジョイマンさんの元で、その考え方を学んでいる最中です。

あと、特典のひとつの「副業コンサルタント起業コース」も受けていますよ。

- 「副業コンサルタント起業コース」を受けた理由はなぜですか?

コンサルタントの視点が得られるからです。

コンサルタントを副業にするというより、自分の店を、コンサルタントの視点で見て、テコ入れ出来るようになれれば良いなという思いがあったんです。

実際に学んでみて、客観的に店を見る視点を得られましたし、お店を回す上でコンサルとしてチェックするべきリストも、資料としていただけました。

そうやって「副業コンサルタント起業コース」で学ぶ事で、今では大分、客観的にお店が見られるようになったんじゃないかなと思っています。

- 学んだ事で、なにか変わった事はありますか?

私が、現場から離れられるようになりました。

コンサルという視点から見ると、店主がずっとお店にかかりっきりなのは、新しい事をする時間がなくなりますし、スタッフも育たないので、良くないんですね。
でも、スタッフに任せるというのは、最初は怖くてなかなか出来ませんでした。

でもジョイマンさんの教えを受けて、思い切って一歩踏み出してみたんです。

そしたら、スタッフが少しずつ変わってきたんですよ。
今では、うちの店長もジョイマンさんのメールマガジンを購読しています(笑)。

それもあって、店長を始め、スタッフが僕のやろうとしている事を理解してくれるようになりました。
自分が現場を離れる事にも理解を示してくれていますし、なによりも自分たちでやっていこうという意思を見せてくれています。

- ちなみにコンサルタントを副業にしようとは、今も思っていらっしゃらないんですか?

いえ。
実は、学んでいるうちにやってみようと思って、少しですが活動を始めています。

自分がやってきて、成果があった事を教える事で、そのお店が良くなって、また人に伝える事で自分の学びも深まるのであれば、それはすごくいい事なのではないかなと思うので。

- 具体的にはどのような事をされたのですか?

2016年8月に、東京の神田で「チラシ集客セミナー」を開催させていただきました。

ジョイマンさんのメルマガの会員さんに発信して貰って、随分持ち上げていただいたので、会場受講と、自宅での動画受講を合わせて80名くらい集まりました。

参加費は5000円でしたので、40万円の収益があった事になりますね。
諸経費、会場費、撮影費やらで、あんまり残りませんでしたけど(笑)。

- 実際にセミナーをやってみた感想はいかがですか?

人にものを伝えるのは、ものすごく難しい事が分かりました。

「自分の中では分かっていたつもりの事も、理解してもらえるように伝えないと、真に理解出来ていない」……スタッフにも常々言っている事ですが、これがまさに自分に当てはまってしまいました。

全然うまく出来なかったんです。

カメラの前で5~6回リハーサルもして、その時は出来ていたつもりですが、実際にお客さんを前にすると、全然違いますね。

チラシ集客について、まだ自分は「真の理解」が得られていないのかなと思いました。

あとはお客さんの反応を見ながら、「お客さんは、もっとこういう事を知りたいんだ」という事も分かりました。
今後は、初回のセミナーでの反省点を活かして、よりお客さんの知りたい事を伝えながら、もっともっと自分の理解を深めていければなと思います。

絶対に実現不可能だと思っていた月商500万円を達成!


「ジョイマンさんの元で学んで、
これ以上は無理だと思っていた
売上最高額を、何度も突破する
事に成功しました」

- 先ほど、チラシを始めて1年間で売上が468万円アップしたと伺いましたが、お店全体の売上で言えば、どのように変わってきたのでしょう?

「店舗利益倍増プログラム」で、チラシを実践した事で、平均月商が360万円から399万円に。また「プラチナグループ」や「副業コンサルタント起業コース」での学びも活かした事で、今年に入ってからは、平均月商410万円とさらにアップさせる事が出来ました。

ですので、ジョイマンさんから学び始めてからは、平均月商は50万円アップした事になりますね。

また、最高月商についてなのですが、ジョイマンさんの教えを受けるまでは、400万円を突破する事すらほとんどなかったのですが、2016年8月に500万円を突破する事に成功しました!
お客さんの数で言えば、4900名ほどにご来店いただいています。

昔からスタッフとは「500万円行こうぜ!」みたいな事を言ってはいましたが、じゃあ具体的にというと、特にイメージを持っていた訳ではありませんでした。

田舎という事で客数は集まらない、ラーメン店で単価は高くない、席数も34席と少ない状態で、本当に500万円に到達出来るとは、どこかで信じきれていなかったんです。

でも、ジョイマンさんの教えを受け、また少しずつ売上を伸ばしているうちに、今年の8月には、明確に「500万円を超えるんだ」という思いを持って、仕事に臨む事が出来るようになっていました。

- 500万円を突破出来たのは、なにが要因だと思いますか?

一番は、チラシを毎月実践していた事ですね。

ジョイマンさんは、「お客さんがお店に来ない理由はふたつある」と仰っていました。

それは「お店を知らないか忘れている事」、そして「お店に行く理由がない事」。

チラシを継続するという事は、チラシを見る人にとっては、「富山らーめん真太」を「思い出すキッカケ」をずっと与え続けていた事になります。
またそのチラシが「行ってみよう」と思う内容であれば、当然ながら来店にも繋がってくれます。

ジョイマンさんの教えを受けて作ったチラシを、定期的に撒く事で、「お店に来ない理由」を、うまく無くしてあげる事が出来ているんじゃないかなと思います。

- 効果としては満足されていますか?

はい。
もちろん「これで良い」とは思っていませんが、ここまで来れば、今後の売上の追求や向上については、スタッフにも任せられるかなと思っています。

今後、私の方としては、売上を落とさずに、より利益を出していく方向で、なにか実践出来る事を考えていければ良いですね。

- 利益を上げるために、具体的にはなにか考えていらっしゃいますか?

メニュー表を工夫して、もっと頼んで欲しい利益商品の注文率を上げていったり、チラシなどで客数を増やしていければと考えています。

また、今はスタッフが朝から晩まで長時間働いてくれていて、負担が大きいですので、出来れば営業時間を短くして、今と同じか、それ以上の売上を上げていければなと思っています。

「実践」と「改善」の繰り返しで必ず「良い結果」へ!


「ジョイマンさんから学び始めて、
もうすぐ2年。これまでは、
いつも1年くらいで辞めていたので
新記録ですね!(笑)」

- ジョイマンの教えを受けて、良かったと思う事を3つ挙げてください。

いくつもありますが、大きくは「枠組みを壊してくれた事」、「行動目標を立てる事」、「様々な業種の方と交流できる事」でしょうか。

まず「枠組みを壊してくれた事」については、先にもお話したように、勝手に自分で決めてしまっていた限界を、超えられると教えてもらったという事です。

ちゃんと販促活動をする事で、立地や席数など関係なく、大きな売上を上げられるという事も学ばせていただきました。

「行動目標を立てる事」は、売上を上げるために、具体的にどう行動するかという事です。

お店を経営するにあたって、よく売上目標については言われますが、売上がいいか悪いかはお客さん次第なんです。
そこは自分でコントロール出来ない。

その点、売上を達成するための「行動目標」の実践は、自分でコントロールが可能です。
また、そうして実践した結果を受けて、今後の自分の行動を改善し、新たな行動目標を立てる……これを繰り返せば、いつか必ず売上の目標が達成できるという考え方を教わった時は、目から鱗が落ちました。
分かっていたようで、分かっていませんでした。

例えば、チラシを撒くにしても、これまでは「とりあえず1万枚でいいだろう」と思ってしまっていたんです。
それが今は、目標の売上を達成するためには、チラシが何万枚必要という視点を持てるようになりました。

この考え方、視点を持てるようになったので、ジョイマンさんから学ぶ前は単発で終わっていたチラシ配布が、今はずっと続けられているんじゃないかなと思います。

あとは、「様々な業種の方と交流できる事」ですね。

同業種の方はもちろん、異業種……例えば美容室とかネット関係の方とか、そういう方から客観的な意見を貰えるので、非常に店舗経営の参考になります。

特に「副業コンサルタント起業コース」や「プラチナグループ」を一緒に受けている同期の仲間たちとは、遠慮なく意見を言い合える関係になれました。
同じ志を持って、同じ場所を通って来ているという共感のようなものがあるからかもしれませんね。

こうした関係は、普段見つける事はなかなか難しいものです。特に近所で同じような商売をしているような方を相手にした場合、腹の中を全部さらけ出せません(笑)。

ジョイマンさんとだけでなく、ジョイマンさんとの学びの場の中で、そうした仲間と数多く出会う事が出来た事は、自分にとっての大きな財産になっています。

- 中島さんの、今後の展望をおきかせください。

色んな業態の店舗をやりたいという思いがありますね。
ただ、今のスタッフはラーメンが好きで、ラーメンをやりたくて働いてくれているので、ぜひ次のステージとして、まずは新しいラーメン店の出店を考えています。

ただそのためには、まだまだ今の店でやるべき事があるとも思っています。

- やるべき事とは、なんでしょう?

新しい店をオープンするために、「お金」、「人」、「仕組み」をしっかりと整える事です。

まずは新しい店を出す前に、今の店で利益を出せる仕組みを作って、お金を作り、新しいお店を任せられるようなスタッフを育てる。
そこまで出来て、初めて新しい店のオープンに着手しようと考えています。

- そのために、ジョイマンに期待する事はありますか?

今後も私が付いていきたくないるような、かっこいいジョイマンさんでいて欲しいです。

仕事以外でも、例えばトライアスロンとか、ジョイマンさんは、常に色んな事に挑戦されています。
そうやって常に歩みを止めずに、新しい事にチャレンジし続ける姿を見せる事で、私の実践や歩みの後押しになり続けて欲しいなと思っています。

- 今は、ジョイマンの事はカッコ良く見えている?

そういう時もあります(笑)。

- では最後に、これからジョイマンの元で学ぼうと考えている人に、アドバイスがあったらお教えください。

どのセミナーに参加して良いか迷っている人は、まずは「利益倍増プログラム プレミアム」から始める事をおすすめします。

基本コースは、セミナーだけなので、ジョイマンさん対多数のセッションです。これだけでも十分に勉強にはなるのですが、初めての方だと、グループコンサルティングがあって、ジョイマンさんから1対1で教えてもらえる機会もある、プレミアムコースが良いと思います。

グループコンサルティングは、1対1ですのでより具体的な話を聞けますし、また他の参加者から客観的な意見もいただけます。
そうなると、より行動しようという意欲が高まるんです。
自分からなかなか行動出来ない、優柔不断な人でも、きっと実践に移せると思いますよ。

またコンサルティングと言うと、「なにかしてくれる」、「お店をどうにかしてくれる」と思って参加する人もいるかと思いますが、自分で実践をする必要があるんだと、あらかじめ知っておく事も大切です。

実践すれば、必ず「良い結果」か「改善点」のどちらかは出てくれます。
「改善点」が見つかった場合は、改善をしっかり行ってまた実践する……これを繰り返せば、必ずいつかは「良い結果」へと繋がります。
その改善をするためのサポートは、十分にしてもらえますので、そういう意味では安心して参加して欲しいなと思います。