▲ページTOPへ

12店舗目 石野さん|中華料理店 香(シャン)(新潟県新発田市)

ishino-san

新潟県新発田市で中華料理店「香(シャン)」を経営する石野さんご夫妻は、2013年9月に増益繁盛クラブ ゴールド会員に入会。翌2014年1月には、6ヶ月間に及ぶ「グループコンサルティング」に参加。直後から、売上が伸びた実績をお持ちです。入会前後の売上の変化やFAXDMの効果を中心に、ご夫婦にお話を伺いました。

新潟県新発田市で中華料理店を経営

【ご主人さま】
新潟県新発田市で「中華料理店 香(シャン)」を経営しています石野です。 19歳で中華の世界に飛び込み、中華一筋30年。 新潟「四川飯店」で調理主任を、「長江」で料理長を10年務めました。 その後、ご縁が重なり、2010年。この新発田市で独立することになりました。 地場の食材をふんだんに使ったヘルシー中華を提供し、お客さんの7割は女性です。 当初のコンセプトは、女性がひとりでも気軽に入れるという感じだったのですが、ラーメンの好きなお客さんが多いのが現実でした。コンセプトを柔軟に変更して、いまはボリュームも増やして、男性客の獲得にも力を入れています。

開業後は、ほぼ横ばい

― 独立開店から5年。売上は、どのように変化していましたか?

【ご主人さま】
ジョイマンさんと会うまでは、毎年、微増でした。
2010年の初年度を100とすれば、2年目は105、3年目は110、という感じ。少し上がってはいたのですが、どん底の状態でした。お酒に合う料理を全面に押し出しているので、夜の単価はそこそこ。ただし、ランチのお客さんはぜんぜん来なかったんです。お店のある新発田市は、田舎です。中華といっても、ラーメンかチャーハンに特徴がないと、お客さんが集まらないんですね。そこで、コンセプトの見直しなどに取り組み、試行錯誤してきた印象です。
そこで、苦し紛れで、ネット検索したところジョイマンさんのホームページに行き着いたんです。 ちゃんと筋道を立てて、解説してくれる。しかも、具体的に。 だから、ジョイマンさんを選んだ。

― ジョイマンさんのホームページを見た第一印象は?

【奥さま】
最初は不審に思いました。
ジョイマンさんという名前は、日本人なのか、外国人なのかわからない。

【ご主人さま】
いろいろ調べていたようで、ジョイマンさんの話は聞いていたんですが、「コイツは、絶対にダマされてる!」と思ってました(笑) そんなとき、ジョイマンさんから電話が来たんです。たまたま、私が電話を取ったんですけど、鼻から信用してませんから、電話も無愛想。いま考えると、悪いことしちゃったなと思ってます。

― いろいろなコンサルタントがいますが、何人くらいのコンサルトと比較しましたか?

【奥さま】
最初に見たのはジョイマンさん。ただ、名前が名前なだけに、最初はあんまり信用してなかったです(笑)
比べたのは、5人くらいでしょうか。飲食業のコンサルタントを探して検討しました。

― 5人の中から、なぜジョイマンさんを選んだのですか?

【奥さま】
直感でしたね。他のコンサルトのメルマガを購読したり、プロフィールを見たり、ホームページを見たりして比べました。でも、なんとなく、「あ、この人だったら…」と思ったんですよね。 ただ、ものすごくメルマガが分かりやすかったんです。それに、分かりやすいけど、やさしくない。ちゃんと厳しく言ってくれたのが良かったんですね。ちゃんと筋道を立てて、解説してくれる。しかも、具体的に。だから、ジョイマンさんを選んだんです。多くのコンサルトの方は、どこか抽象的で、腹にストンと落ちなかったんですね。

【ご主人さま】
困ったときにやさしくされたら、ふらふら行っちゃうんでしょうけど、厳しく言ってくれたのが良かったんでしょうね。
ただ、あんまりノリ気じゃなかったんですよね。

― メルマガ購読を経て、増益繁盛クラブゴールド会員になったのは、いつですか?

【奥さま】
2013年9月です。
その直後、郵送されてきた会報誌の中にあったチラシをマネして、作ってみたんです。その作ったチラシを、ダメ元でジョイマンさんに送りました。なぜなら、ゴールド会員では、個別の添削ができないことになっているんですね。ところが、ジョイマンさんから返事が来た。「ほんとうはできないんですけど、頑張っていらっしゃるようなので、会報誌に掲載することで、今回は特別に…」と。そうして、会報誌と音声動画で添削してくれました。 その添削も、かなりダメ出しされて、真っ赤にしてくれました(笑)。でも、いい方に考えれば、添削されたチラシを見て、「こうすればいいんですよ」というのがよくわかったんですよね。

その後、グループコンサルティングに参加されました

【奥さま】
2014年、売上を上げたい!という一心から、もう最期の賭けという感じで、グループコンサルティングに参加しました。 毎月6万円×6ヶ月という出費は痛かったのですが、「いま行かないと、もう行かない」というほど切羽詰まっていましたし、「どうにかしてもらおうとは思わなかったけれど、どうにかなる」と思って申し込みました。

― それまで、どのような販促活動をしていたのですか?

【奥さま】
それまでは、地元の情報誌に広告を出していたくらいで、特に販促活動に力を入れていませんでした。看板を変えたり、チラシにも取り組んだのですが、結局はその場限りの単発で終わってしまい、大きな効果は出ませんでした。たぶん、具体的な方法を知らなかったからだと思いますね。

グループコンサルティング後、年間売上が前年比160%に急上昇

― グループコンサルティングでは、どんな効果が出ましたか?

【奥さま】
おもに取り組んだ販促は、チラシとFAXDM、そしてオードブルの販売です。 毎月1回、6ヶ月間東京まで新幹線で通い、10人で学ぶグループコンサルティングなのですが、周囲の方が複数店舗の経営者であったり、ウチとは売上が一桁違うような規模の経営者であったりと、場違いじゃないかと思うほど。しかし、実際に始まってみれば、それはあまり関係のないことで、自分が学ぶことが大切だとわかってきたのです。 そして、実際に売上が上がってきましたから。

【ご主人さま】
売上が上がったから、ジョイマンさんを信用しました(笑)とにかく結果が出て、ひと安心でしたね。

― 交通費を含めたら、6ヶ月で50万円近くかかったのでは?

【奥さま】
そうですね。日帰り新幹線での往復ですが、その交通費もありましたから、それくらいはかかったかと思います。でも、その分は売上で取り返せていますから。

― どれくらい売上が上がったのですか?

【ご主人さま】
開業した2010年を100とした場合、次のような伸び方をしています。
※9月より増益繁盛クラブゴールド入会
※1月より店舗利益倍増プログラム(旧グループコンサルティング)受講

【奥さま】
売上が1.5倍になるというのは、たいへん大きい効果です。
中でも際立って大きかったのは、オードブルの売上ですね。

オードブルの売上は50万円。前年比350%に!

― オードブルの売上はどれくらい上がったのですか?

【奥さま】
それまでも、お盆と年末はオードブルの販売に取り組んではいましたが、それほどの効果は出ていませんでした。グループコンサルティングに参加した2014年暮れと、今年2015年のお盆でオードブルの販売を行ったところ、大きな成果が出ました。 年末のオードブルは、単価・販売数ともに前年を上回り、350%増になりました。お盆は、8月15日を中心に、各家庭で日にち分かれることもあって、年末ほど伸びず、販売数は2倍止まりでした。それでも、2倍という数字にはある程度、満足しています。
【ご主人さま】
売上が上がったのもうれしかったのですが、2013年のときは、前日の営業の片付けが終わったあとから仕込みをしたんです。ですから、前日の売上15万円はありましたが、オードブル14万円と合わせて30万円弱。しかも深夜0時から仕込みをしたので、徹夜。体力の消耗は激しかったです。 ところが、ジョイマンさんに習ったあとの2014年の年末は、前日のお店を休業にして、丸一日仕込みにした。オードブルの販売だけで、50万円です。体力も温存できましたし、大晦日の紅白歌合戦も、自宅でゆっくりと観ることができました。

FAXDMをやっている飲食店がなかった

― オードブル以外でも、効果が出ているようですね



【ご主人さま】
ひとつは、FAXDMです。
宴会の集客に、FAXDMを打っています。新発田市近郊の企業の数は、それほど多くなく、1,000件ほど。また、FAXDMに取り組んでいる飲食業の方は、いないようです。そんなこともあって、効果が出ています。たとえば、2015年7月は、DMを800件(×2回配信)の費用が16,000円。結果は、9組(51人)で、売上が30万円です。費用対効果としては、悪くありません。

― もうひとつは、メニューブックです

メニューブックの変更は不定期に取り組んでおり、効果はさまざま。ただ、ずっと効果が出ていることは、手間がかからないメニューや利益率の高いメニューなど、売りたいメニューが売れるようになったこと。仕入れやオペレーションにも影響してくることですから、利益を出すという点においては、売りたいものが売れるというのは、非常に重要なことです。

会員同士のつながりも、大きな財産

― 増益繁盛クラブゴールド会員とグループコンサルティングに参加しての印象をお聞かせください

【ご主人さま】
みなさんが取り組んで効果のあった成果を共有してもらえるので、それを参考に販促活動に取り組めます。これはいいですよね。効果が出ている販促物なのですから、あとは自分なりにアレンジすれば、同じように効果が出ます。

【奥さま】
もうひとつは、ほかの会員さんとの関係です。
特にグループコンサルティングのときは、私のお店がいちばん規模も小さく、売上も良くなかった。そのせいか、みなさんが親身になって相談にのってくれましたし、今後起こりうる対策やアドバイスもしてくれました。あれから、2年近く経っていますが、いつでも連絡が取り合える関係でいられるのも、財産ではないでしょうか。

― いま、ゴールド会員へ入会を悩んでいる方に、アドバイスをお願いします

【ご主人さま】
増益繁盛クラブゴールド会員を検討している方は、いま、売上に悩んでいる方だと思います。そのような状況の中から、お金を捻出するのはご苦労されると思いますが、私たちの経験からいえるのは、ゴールド会員になれば、会報誌や会員限定セミナーなどで、売上を上げるヒントは定期的に、それも、たくさんもらえます。それは、すべて実績の出ている販促です。 あとは、その情報を、自分のお店で展開するだけです。ぜひ、目の前にあるチャンスをモノにして欲しいと思います。