今より更にお客さんの数と店舗利益を倍増させる増益繁盛クラブ 増益繁盛クラブ お問い合わせ
月別アーカイブ:2013年11月

あれ?今日、広告載る日だよね、、お客さんゼロ!?

FROM:三島のカフェから
ハワードジョイマン

先日、社長tvという番組から取材を受けました↓
shizuoka-president.net/haward-joyman
↑クリックすると新しいウィンドウが開きます。

実は、この取材で非常に困ったことがありまして、、、

というのは、取材を
私の会社で行うというので、
最初は困りました。

あなた「いやいや、、、普通でしょ」

あなたはこのように思うかもしれません(汗)

でも、、
私の事務所には、
誰か来ても座ってもらう机、いすもありません。
つまり、取材スペースすらない、、、(汗)からです。

というのも、
私自身が会社規模とか従業員数などに全く興味が無いので、
良いオフィスを借りようなんて気持ちにならないし、
従業員を雇って、会社っぽく見せよう
大きい会社に見せようなどという虚栄心が
全くもってないのです。

よく豪華な車やオフィスを自慢のように言う方がいますが、
全く持って興味がない、、、

お金を生まない社屋というものに一切興味が無いから
8年前と変わらず同じ場所にいます。

その代わり、外注パートナーが
ほぼすべての業務をやってくれています。

私の仕事は、
メルマガを書いたり、
セミナー企画、教材企画をしたりしています。
それ以外は、全て他の方にやってもらっています。

豪華な社屋や無駄な施設というのは、
固定費であり、資金の固定化に繋がります。

結局、こういった無駄なものを持てば持つほど、
結局、お客さんへの販売価格に上乗せされるので、
お客さんにとっても損ですし、、、

※だから、弊社の場合、無駄なものを徹底的に排除しているので、
リーズナブルな価格でサービス提供できている訳です。

それとは逆に、無駄な固定費・経費が多い会社は、
毎月の固定費を稼ぐだけで大変なので、
外見がすごい会社って実は経営も大変なんですね。

本当に賢い会社は、
本社部門などはぼろかったりしますよね。

ようはお客さんの目に触れない間接部門などは、
売上に直接かかわらないので質素だったりします。

私のイメージする師匠というのはこの方↓
sisyou

ジャッキーチェンの映画によく登場するジャッキーチェンの師匠。
私、この人が大好きなんですね(^-^)/

一見するとただの酔っ払い。
でも、酔拳の達人。

外見は、全く達人らしさを感じさせない。

ザックリ言って、
私の考える達人、本物とはこんな感じ。

だから、売上高とか店舗規模だとか
見てくれなんてどうだって良いわけです。

私が興味があることは、
固定費を極力抑え、変動費化できるものは
全て変動費化して、
常に変化に対応できるようにする。

そして、利益率を最大限に高める。
従業員一人粗利益を4000万円にする。

こうすれば一部上場企業よりも良い数字です。
私は、こういった実質的な数字にこだわるタイプです。

そして、クライアントさんにも
こういう従業員一人当りの粗利利益の最大化に努めてもらい、
上場企業に比べて人数や規模では負けても、
実質利益では、段違いに勝っている利益の高い会社を作ってもらいたいと思っています。

その為に、
(1)無理なく着実に
(2)段階的な成長をしてもらうよう

まずは、売上の上下に一喜一憂することなく
ちゃんとした売上を得られるようなサポートを第1段階に据えようと
増益繁盛クラブを運営しています。

そして、売上が上がった方には
今度は、一人当たり粗利をどんどん高めて
高収益の店舗を運営してもらうために、上位サービスもこっそり用意しています。
これは、一部の方たちだけに
これまで非公開で行ってきました。

で、、、、

最近、売上が伸びてきて、
更なる成長をしたいという方が増えてきたので、
そういう方を対象に、このHPでも一度
お声掛けをさせていただこうと思います。

そのお声掛けとして
12月7日にセミナーを開催します。

www.haward-joyman.com/history/

メンバーの質を落としたくないので、
何度も頻繁には開催しません。

このセミナーは、今までのセミナーとは違い
一線を画すセミナーになっています。

ある一定規模の売上が超えた方が
自ら問い、自ら答えを導き出せるようになる。
そして、その面白さに気づき、
より業績を高めていけるようになります。

このように弊社では、今後、
(1)これから売上げをどんどん伸ばしていきたい方へのサポート
(2)ある一定程度、売上を伸ばした方への更なる成長のためのサポート
というように段階に応じたサポートメニューをご用意していきます。

主として、
このブログでは、(1)これから売上げをどんどん伸ばしていきたい方へのサポートをメインにして、
(2)ある一定程度、売上を伸ばした方への更なる成長のためのサポートについては、
今回のように半非公開的な感じで進めていく予定です。

ということで、いつもの流れに戻りましょう、、、

今日は、ある店舗経営者さんのお話です。

「広告宣伝をしなきゃ!」と
ようやく広告宣伝を始めた店主さん。

よ~し、今日から私のお店は変わるんだ!と意気揚々です。

今日は、まさに広告が載る日、、、

しかし、営業時間が始まっても
お客さんが来ない、、、、(汗)

「あれ?看板を営業中に変えたよな」
と思い、入り口まで出てみると、確かに
準備中から営業中に変わっている。

でも、お客さんが来ない、、、、

雨が降っている????

いやいや、さっき、営業中の看板を確認した時は
雨が降ってなかったし、、、もしや急に雨でも降ったかな?

再度、見に行くもやっぱり雨は降ってない。

広告チラシを出したのに
お客さんが来ない、、、(困)

あなたはこんな経験ありませんか?

広告宣伝のタイプにも
(1)自分でチラシを作って新聞折り込みやポスティングをするタイプと
(2)集合チラシに広告を載せるタイプ
の2つがあります。

ホットペッパーとか、地元のミニコミ媒体などは、
(2)の集合チラシに該当します。

特に(2)の場合は、
チラシを出したのに、反応が全然ないという場合が多いです。

なぜ、反応がでないのか?

それは、全ての原因は
媒体が悪いわけではありません。

広告チラシを作る時に、
自分のお店の広告に
「どんなことを載せようか?」と考えて
原稿を作りますよね。

実は、そこに問題があります。

なぜなら、それらの広告媒体には、
何百店舗というライバルの同業他店が載っていますよね。

それらの広告がどんな広告か?
チェックせずに広告を作っている方が多いのです。

つまり、

「どんなに良いことが書いてあったとしても
 他のチラシに埋もれてしまっている」

「お客さんがあなたの広告に気づいていない!」

ということが多々あるのです。

集合広告の場合のポイントは、
他より目立つように作っていますか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ということです。

もし、広告を出しているのに
お客さんが来ない原因は、、、、

あなたのお店の広告が、、、、
全然目立ってないから(ガーーーーン!汗)
かもしれません。

お客さんの立場になって、
あなたのお店の広告が
何ページのどこに記載されているかも分からない体で、
広告媒体を見てみてください。

知り合いに
「この媒体の中で、
 なんか気になるお店ある?」
って聞いてみてください。

あなたのお店を
全然気づいてもらえない可能性が大です。

「うちのお店、目立ってる?」
という聞き方は駄目です。

意識が、あなたのお店を探そうという意識になるので、、、、

「この媒体の中で、
 なんか気になるお店ある?」
という聞き方にすれば、
あなたのお店が載っている載ってないというのが
分からない前提で見るので、本当に目立った広告だけ教えてくれます。

ぜひ、チェックしてみてください。
そして、目立つ広告に変えるだけで、
あなたのお店に来るお客さんの数が
増えますよ!

応援しています。

ハワードジョイマン

追伸
集合広告チラシを目立たせるには
3つのポイントがあります。

増益繁盛クラブの会員向け会報誌12月号では、
この3つのポイントについても
お話しますね。

客数を増やしたい方は
増益繁盛クラブにどうぞ
参加はこちらから→www.haward-joyman.com/zhc/

客数・利益倍増法(無料メールマガジン登録) 増益繁盛クラブゴールド(初月お試し)のご案内
客数・利益倍増法(無料メールマガジン登録)