今より更にお客さんの数と店舗利益を倍増させる増益繁盛クラブ 増益繁盛クラブ お問い合わせ
月別アーカイブ:2012年10月

ボクは書けましぇん、、、

2012年10月30日
清水の事務所から
by ハワード・ジョイマン

 

「か、、、書けない」

「ボクは書けましぇん、、、」

 

実は今、
企業診断という
専門誌から連載の執筆依頼をいただいています。

 

この専門誌は、私と同じ
中小企業診断士(経営コンサルタント)が読む
雑誌なんですが、

 

来年1月からの連載にあわせた
その第1回目の原稿締切が明日なのですが、
既に3パターン記事を書いているのですが、
しっくりこないのです。。。

 

スタッフからもダメだし、、、
「なんかジョイマンらしくないね~」

 

グオーーーー!

 

でも、自分でも分かっているので
どうしようもない。。。。

 

私は、毎日メールマガジンを書いて、
毎月、会員制サポートプログラムの会報誌を書いてと、、、
かなりの分量を毎日のように書いています。

 

だから、書くことは苦ではないのですが、

 

いざ、この企業診断の原稿に向かうと、
いつものように?軽快に文章が進まないのです。

 

とにかく、読み手が同業者ということもあり、
文章自体が固くなってしまっています。

 

明日、締切ですが、
明日から出雲に行くので、
今日中に書ききらないといけません(汗)

 

その為、このメールマガジンの配信が
今の時間になってしまいました。

 

すいません。

 

でも、今、入稿が完了しました。

 

あなたも思うように掛けなくて
悩んだことはありませんか?

 

例えば、POPやチラシ、
HPの文章、、、、

 

「商品の良さを伝えるって言ったって、
何を書けば良いんだ~!」

 

って、グオーーーーって
なったことはありませんか?

 

パソコンで文章を書こうにも
1文字もでてこない。

 

気付いたら既に1時間以上
時間だけは過ぎている。

 

そんな自分が情けなくなったことは
ありませんか?

 

メルマガ読者の方から
「ジョイマンは、書くのが上手で良いですね」
なんて言ってもらうこともありますが、

 

いっぱい悩んで苦労もしていますよ(^^)
でも、

「難しい、だからチャレンジする」

こういうことです。

 

私も、7年前の独立当初は
メールマガジンを書くことすら
3ヶ月ぐらい躊躇してました。

 

そして、いざ書き始めても
3時間経っても、4時間経っても
何を書けば良いかすら分からない時がありました。

 

でもやっぱり数稽古です。
どんどん失敗しながら覚えていくのです。

 

チラシもPOPも店前看板も
自分の思ったような結果がでないから
やらないのではなくて、

 

失敗しながら体で覚えて
改善していくのです。

 

たった2回、3回やっただけで
思うような結果になるなんて思わない方が良いです。

 

101回ぐらいはやらないと、、、

それぐらいやっても駄目だったら、

初めて、悔しがってください。

 

お店を繁盛させている方は、
それぐらい徹底して取り組んでます。

 

失敗しながら、学んでいるんです。

痛い思いをするから学ぶんですね。

 

だから、早めに失敗しておくコトをおススメします。

しかも、小さくです。

 

やったこともないのに
いきなりチラシをやって、

 

しかも、いきなり10万部撒いて
失敗するより

 

店内の商品のPOPで
失敗しておくほうが良いですよね。

 

小さい販促活動で
先に何度も何度も失敗しながら
体で学ぶことで、

 

チラシで1万部、2万部、3万部と
部数を増やしていっても、
反応を得られるようになります。

 

チラシやHPで集客して
集客したお客さんの客単価をアップする。
そして、再来店してもらう取組みをする。

 

こうしたチャレンジを続けることで、
あなたの実力が伸びていきます。

 

これから仕組み作りの話をしますが、
仕組み作りを体で覚えてもらうために
宿題を出します。

 

反応が取れなくて良いので、
お店の商品やサービスのPOPを作成して
今日中に店内に貼ってみてください。

 

宿題です。

 

あなたのお店が圧倒的に繁盛することを
心から応援しています!

 

ハワードジョイマン

 

追伸

「ボクは書けましぇん、、、」

 

これは武田鉄矢主演「101回目のプロポーズ」の名台詞

 

ボクは死にましぇんからいただきました!

 

 

 

 

客数・利益倍増法(無料メールマガジン登録) 会報誌(初月無料)のご案内
客数・利益倍増法(無料メールマガジン登録)